爪の手入れ

爪の手入れ

爪を見れば、その犬の飼育状況が分かります。例えば爪が伸びていた場合は、運動や散歩不足です。十分に散歩や運動を行っている犬ならば、自然に歩くたびに爪が削れるため、適当な長さを保つことができます。

そのため伸びすぎるということはありません。特に室内犬の場合は運動する機会も少ないため、注意をしましょう。

伸びた爪は切ってあげますが、犬の爪切りでは注意したいポイントがあります。犬の爪は人の爪とは形が異なり、丸く曲がった鉤爪です。そのため爪切りも専用のニッパーを使わなければいけません。

人間用だとよほど注意しないと深爪になってしまったり、爪が割れてしまうこともあります。必ず犬用の爪切りニッパーを準備しましょう。

また、犬の爪には血管や神経がかなり先まで通っているため、切り過ぎないようにくれぐれも注意しなければいけません。もし爪切りを失敗して犬に痛い思いをさせてしまうと、犬はその後爪切りを見ただけで怖がります。そのため爪が切りにくくなり、さらに失敗する恐れもあります。最初が肝心です。

そこで慣れないうちは、爪の先端部の1~2ミリを慎重に切る程度にしましょう。白い爪は明るい所で見ると血管が透けて見えるので、どこまで切れば安全かすぐに分かると思いますが、黒い爪は分かりにくいため、先端を少しずつ切るしかありません。深爪をすると、犬も痛がるし、出血するので分かると思います。

伸びすぎた爪は血管や神経部分もそれだけ伸びてきていますので、一挙に短く切ってしまうわけにはいけません。こうならないためには、定期的に爪切りをしておくことが大切です。子犬の頃から爪切りに慣れさせておきましょう。

手入れを習慣付ける

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ