四季の手入れのポイント

四季の手入れ

今回は四季の犬の手入れのポイントの解説です。
季節ごとの手入れのポイントを解説します。

春とともにノミやダニなども活発的になります。暖かい日を選んで犬小屋の掃除をしましょう。この時期なら、駆除や予防もより効果的です。春とはいえ、季節の変わり目は、まだ暖かさと寒さ繰り返すため犬の健康には気を付けなければいけません。シャンプー洗いには暖かい日に行い、仕上げのドライアップも手早く済ませます。

また、春はこれまで犬を寒さから守っていた冬毛が夏毛に抜け変わる時期です。抜け毛が増えるので毎日ブラッシングやコーミングを行いましょう。

できるだけ涼しい環境を与えるように工夫しましょう。暑さで犬も食欲が落ちます。毛がむれないようによく手入れして体表をエアーフレッシュしましょう。寄生虫や皮膚病が多発しやすい季節なので、不潔にしておくとこうした病気の温床を作っているのと同じです。自然とシャンプー洗いの回数も増えると思いますが、この時期の沐浴の1~2度は皮膚病の予防のために薬浴にするとよいでしょう。

涼しくなると犬も次第に食欲がでてきます。食中毒は秋口にも多発しますので注意が必要です。秋の深まりとともに厳しい冬に向け、下毛が生えてきます。秋は抜け毛が特に多いため毎日のブラッシングやコーミングで新陳代謝をよくしましょう。

冬は体温の放出を防ぐために体表の血管も収縮します。毎日のブラッシングで皮膚の血行をよくしましょう。下毛も密生しているので、ブラシやクシも普段より目の粗い毛通りの良いものが適当でしょう。

年齢ごとの手入れ

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ