サマーカット

サマーカット

サマーカットは夏の暑い時期を少しでも快適に過ごしやすいように毛の長い犬の毛の一部をカットして短くすいてやることです。カットする部分はボディーや足先などで、元の状態に生えそろうのに時間がかかる頭部やしっぽの毛はできるだけ残します。

レザー用のハサミで毛をすきますが、注意したいのは犬の皮膚は思いのほか弾力的で、よく伸びるので皮膚を傷つけたりしない事です。特にメスの犬は乳首を誤って傷付けないようにしましょう。

安全にカットするには手をクシ替わりに使い、必ず指の間から出た毛を切るようにすると良いでしょう。ボディー全体を刈るのが嫌なら汚れやすい腹部やわき腹の毛をちょっと刈ってやると、見た目にもそう見苦しくなく、これだけでもずいぶん違います。

サマーカットをすると、夏場の毛のムレや毛玉の心配もなくなりますが、手入れは毎日行います。普段手入れを嫌がる犬のほとんどは毛を引っ張られて痛いのが直接の原因で、こうしたカットの後ではそうしたことも減って、犬にグルーミングの心地良さを認識させると良い機会ともなります。

サマーカットの仕方と手順として、始める前によくブラシやクシがけをしておきましょう。上手く切るために犬を押さえる人が別にいるとやりやすいです。毛は手をクシ替わりにして、指の間から出る毛をカットします。

もし上手くサマーカットを行える自信がない方は、迷わず専門家や美容師に頼みましょう。一番最初はプロに頼んでカットの仕方を覚えてから自分でカットするというのも1つの方法です。

四季の手入れのポイント

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ