耳の手入れ

耳の手入れ

手入れでは耳の中のチェックも必要です。耳の汚れは犬種によってずいぶん違います。立ち耳の犬は比較的綺麗で、耳の病気もそう多くありませんが、たれ耳の犬種は普段から通気が良くないため、中が湿りがちで汚れやすく、それだけ耳の病気にもかかりやすいです。

耳の中の汚れはイヤークリーナーやホウ酸水などで綺麗に拭きましょう。定期的に行うとなお良いです。耳掃除には安全性の高いペット用綿棒も市販されています。

普通のカット綿を使う場合には堅く絞って掃除すれば、水や薬剤が中に入る心配もありません。また、こうした手入れでは、感染症を配慮して左右の耳で別々の綿棒やカット綿などを使うようにすると良いでしょう。これは目の手入れなどでも同じです。

耳アカがこびり付いている場合は、一端ふやかしてから取ると良いでしょう。これにはオリーブ油なども使えます。

犬の美容室などで耳の中の毛を抜いているのを見たことがあると思いますが、これは耳の内部に耳道をふさぐほどの毛が生え過ぎている時にやっている手入れです。

これを放置していると、中が不潔になりやすく、炎症を起こす原因ともなります。ここの毛は抜いても犬はさほど痛がりません。しかし耳介や耳の周囲に生えている毛は抜くと犬も痛がるので、これらは必要がハサミで切りましょう。

また、耳に黒褐色の耳アカが大量にたまっていたり、悪臭がするなどの場合は寄生虫や炎症を起こしている証拠ですので、早めに動物病院に行きましょう。

口や歯の手入れ

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ