目の手入れ

目の手入れ

健康で正常な目なら、改まって手入れをする必要はありませんが、中には目の周囲が汚れやすい犬がいるので、いつも清潔にしてやることが大切です。

特に小型室内犬の中には、涙やけといって目の下の毛があふれ出る涙で茶褐色に変色してしまう犬がいます。

涙腺の太いペキニーズやパグ、逆さまつ毛になりやすいブルドッグやチャウチャウ、それに白い毛のマルチーズもこうした涙やけを起こしやすいタイプと言えます。

また、ブルドッグやコッカースパニエルのように目尻にしわのある犬種でここによく涙が貯まるものは、かぶれてしまうことがあります。

こうした場合は日常の手入れを気を付けてやり、いつも目の周囲を清潔に保つように心がけることが大切です。

涙やけの中で、専門的に流涙症と呼ばれているものは、先天的な涙点の閉鎖や結膜のヒダで涙点が覆われているために起こるものや、涙管の通過障害、あるいは瞬膜の炎症や肥厚によって起こるケースなどがあります。

このような場合はいずれもなみだがよく出るため、涙やけの症状を示し、また涙が鼻涙管をとおって鼻腔内に排出するのでよくクシャミをします。こうした涙やけは、異物の新入やまぶたの異常、まつ毛の乱生、結膜や角膜の疾病などによって起こる流涙とは、区別されています。

いずれにしろ一口に涙やけといってもその原因は一様ではなく、結膜炎など急を要する病気が原因の場合もあるので、こうした疑いがある場合は、一度獣医師などに診てもらうと良いでしょう。

耳の手入れ

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ