病気や異常のチェックポイント

病気や異常

飼い犬を定期的にボディーチェックすることが大切です。定期的にボディーチェックすることによって病気の早期発見もできます。まず犬の顔をチェックしてみましょう。正面から見ることで瞳の奥や表面の膜が白く濁っていないかチェックしましょう。

目ヤニや涙の異常分泌や角膜などの充血などはすぐわかります。また鼻も見てみましょう。鼻鏡が乾いているのは病気のポイントです。熱がある可能性があります。しかし眠っている時や乾燥した日、風が強い日などでは健康時でも乾いていますので注意が必要です。鼻汁が多い時も注意が必要です。

口を開いて点検する必要があります。人は顔色で健康状態が分かりますが、犬の場合は口の粘膜や舌の色で分かります。健康時の可視粘膜はピンク色ですが、熱がある時は赤みを帯びています。

口臭がひどいのは主に歯や消化器官の病気の可能性があります。

耳もチェックが必要です。耳の中が臭うのは外耳炎や耳かいせんなどを疑いましょう。耳翼にひっかき傷やかみ傷、耳の後ろの毛が薄くなっていないか、はれていないかなどを点検しましょう。

体もチェックしましょう。健康で手入れが良ければ、毛づやも良いです。フケが異常に多い場合は手入れ不足か皮膚病の前兆です、ブラシやクシがけを嫌がる時は皮膚病や外傷、骨や内臓の病気などを疑いましょう。

体を触ってみて、体の一部だけが熱いのははれや痛みがあるはずです。また、犬に触れた後で手や足がかゆいとノミや寄生虫などを疑いましょう。

これらの部位をチェックして、異常がある場合は病気を疑い、健康診断に連れて行った方が良いでしょう。

トリマーに依頼する場合のポイント

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ