ブラッシングの基本

ブラッシングの基本

ブラシには獣毛ブラシやピンブラシなど種類も豊富で犬種やその用途によって使い分けをしますが、使い方の基本はどれもみな同じです。ブラッシングが上手くできればその心地良い接触刺激を犬はとても喜びます。

しかし、やり方がまずいと毛を引っ張られて痛いので、ひどい場合は、ブラシをみただけで逃げ出すようにもなります。そのため飼い主はブラッシングに気を付けなければいけません。

ブラッシングは必ず、乱れた体毛の表面つまり毛先を整えるところから始めます。そのため最初はブラシも皮膚に直角になるように構え、毛の流れに沿って毛先をゆっくりなでるような感じで始めます。

このようにすることによって、力もあまりかからないので、毛切れを起こしたり、犬に痛い思いをさせなくて済みます。

毛先全体を整えたら、今度は毛の根元までブラッシングします。これには手のスナップを利かせて、ブラシが回転するようにすると上手くいきます。しかし、さいしょから一度に多量の毛をブラッシングすると無理がきます。

上手にやるためには、少しずつ毛を小分けにしてやることです。これを何度も丹念に繰り返すと、それだけブラッシング効果も高まります。

また、ブラシがところどころ引っかかってもつれ毛や毛玉に出会ったら、無理にしてはいけません。ブラシでもつれ毛や毛玉は取りにくいので、専用の毛玉取りブラシを使うか、直接手でほぐしてみましょう。

特に手入れがしにくい耳の後ろや首の周囲、脇の下、内股、胸部などは毛玉になりやすいところもあるので、面倒くさがらずに時間をかけて手入れをしましょう。

コーミングの基本動作

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ