ブラッシングやコーミングの仕方

ブラッシングやコーミング

皮膚の手入れは犬のグルーミングの基本です。こまめにやって慣れていると、長毛犬種でもわずかな時間で十分できる手入れですからぜひ毎日行って日課にしましょう。

毛の手入れと言っても実際には、犬種によって毛の形態や長短が違うので扱い方がずいぶん異なります。短毛犬種はやはりブラッシングもスムーズに行えます。しかし、体毛が長くなるにつれて手入れも手間がかかり難しくなります。

ブラシとクシ、手入れの手順はまずブラシで被毛を特にブラッシングして毛を整えて汚れや抜け毛を取り、皮膚を刺激して新陳代謝を促します。次にクシでとかすコーミングでこれを補足し、被毛を整えて仕上げます。

普通毛が短い犬種はブラッシングだけで十分です。毛が長くなるとその後のコーミングが効果的に生きてきます。クシでも汚れや抜け毛が取れますが、一般的にはこうした順の使われ方をします。

手入れを効果的にスムーズに行うためには何より犬の協力が必要です。自由に仰向けや横たわらせる犬なら、汚れやすく毛玉になりやすい腹部や内またも良くブラッシングやコーミングができます。

ですから手入れでは、寝かせても立たせても、静止している犬に作り上げるようにしていくことが大切です。これは日常のしつけ以外に有効な方法はありません。

手入れ中に静止しておく犬にするためには動いたらダメ、じっとしていればヨシという叱り方と褒め方をはっきり使い分けなければいけません。しつけは子犬の頃から根気よく教えましょう。

ブラッシングの基本

犬の手入れカテゴリー内記事


このページの先頭へ