できるだけ早めに手入れのしつけを始める

手入れのしつけも早めに

犬を手入れ好きにさせるのには子犬の時からしつけを始めるのが何よりです。まず子犬とよく遊んで自由に抱いたり、体の各部に触れたりします。できるだけ接触時間を多くしてこまめにこうして遊んでやります。初めは喉や背中をなでてやると良いでしょう。お腹もなでると喜びます。

ゴロンと仰向けにして手をクシ代わりに腹部をすいてやります。こうした接触刺激に子犬はとても敏感で心地良く反応します。やさしく声をかけながらやりましょう。そして耳や足、しっぽ、口、肛門などにも時々触れて異常がないか調べる習慣を付けることです。こうしたことを繰り返すと犬は次第に自由に扱われるようになります。

トリミング中に犬が動かないようにしつけることも大切です。専門家がやるように台に乗せて手入れをする習慣を付けるのも良いです。

ブラシやクシで毛をなで始めます。初めは長い毛の犬なら強くやると毛を引っ張って痛がるのでクシやブラシを体表に垂直に立て毛先をなでる感じでやります。子犬は心地良いので、当然じゃれついてきます。

この手入れ中のじゃれつきもかわいそうですが、いずれしつけしなければいけません。これにはじゃれついたり動いたりしたらいけないとしつけます。これでしずかになったら必ず褒めましょう。

このような動作を繰り返すと犬も次第に理解します。しつけは感情的に怒ってはいけません。愛情を持って根気よくやるのが何よりもコツです。また、子犬は体もそう汚れませんが、慣れさせる意味で簡単なシャンプー洗いも何度か行います。子犬は扱いやすい上に大抵のことにはすぐ慣れるので、できるだけ早めに手入れのしつけを始めましょう。

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ