犬が来たその日からしつけをする

その日からしつけ

しつけは子犬が家に来たその日からしっかりと始めましょう。排便や排尿にしてもちゃんとしつけをしていればしっかりと理解をします。

人間との赤ちゃんと同じです。幼い時からちゃんとしつけましょう。むしろ人間の赤ちゃんより、子犬の方が簡単にしつけることができます。なぜなら犬の年齢は、1年間で人間で言うと15歳くらいの年齢に成長します。

しかも犬などの肉食獣は人間よりも本能的にトイレにこだわる動物です。その証拠として人間の赤ちゃんはおむつを付けているためどこでも排尿排便をしますが、犬は綺麗好きなため、自分の寝床では絶対に排尿排便をしません。

子犬なら時にさびしそうに鳴くこともあります。そういう時に優しくしてあげたりするとすぐになつきます。また、この時が子犬をしつけるタイミングです。やって良いことと悪いことをしっかりと区別させましょう。

そして上手くできたら目を見てしっかりと褒めます。褒められることで、叱れるということも分かるため、大げさに褒めてあげることがコツです。御褒美にお菓子などをあげると良いでしょう。

目を見てしっかりとアイコンタクトをとること、上手くいったら大げさに褒めてあげることなどが重要です。

いろいろ覚えさせることはありますが、まずはトイレから覚えさせると良いでしょう。子犬の場合、トイレは2~3時間に一回はします。そのためしつけるタイミングも多いため、しつけがしやすいです。

家の中で飼う場合、トイレは非常に重要です。トイレを覚えさせることはそこまで難しいことではありません。是非挑戦しましょう。

できるだけ早めに手入れのしつけを始める

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ