しつけは食事の時に

しつけは食事の時に

食事のしつけは、犬を飼うようになった日から始めましょう。基本的にしつけは食べ物を与えながら行うとより効果的ですので、食事は犬をしつける絶好のチャンスです。

上手くできたら食べることができるため、犬もそれに従おうと努力します。

まず、食事を与える場合、「待て」から入りましょう。犬と向き合って、強めの声で「待て」と言いながら制止させます。

それでも犬が理解しない場合は、最初のうちは手も添えてみましょう。それができたらお座りを覚えさせましょう。

お座りのポーズを覚えさせるのは最初のうちは難しいかもしれませんが、食べ物を入れた器を頭の上に持って行くと、自然に犬の頭が上がって、お尻が下がってお座りのポーズになります。

上手くできたら「よし」や「いいよ」などと言い、ご褒美として食事を食べさせましょう。

注意しなければいけないのは、「よし」や「いいよ」、「待て」や「待って」など人間にとっては同じ意味でも犬にとっては異なるように聞こえます。必ずはっきりとどちらかの言葉を決めて言いましょう。

一気に覚えさせようとせずに、時間をかけて1つずつ覚えさせましょう。食事は毎日与えるものですので、毎日行うことによって効果が表れます。

あまり数多くの芸を覚えさせるのは良くありませんが、このような基本的な服従訓練を行わないと犬が飼い主を集団のリーダーだと思わなくなり、言うことをきかなくなってしまいます。のちのち苦労することになるため、子犬の時期から必ず行いましょう。

無駄吠えを改善する前に何で吠えるのか考える

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ