無駄吠えしないコツ

無駄吠えしないコツ

犬は本能的に吠える動物ですが、無駄吠えというのは飼い主のしつけが問題です。普段ちゃんと服従訓練などの基本のしつけが上手くいっていれば、犬も無駄吠えが悪いことだと分かり、無駄吠えをしなくなります。

そのため、犬の無駄吠えが多い場合は、まずその原因を探しましょう。無駄吠えは犬の貯まりに貯まったストレスや欲求不満が原因です。このストレスや欲求不満は、ものを噛む、いたずらをするなどの他の悪い癖にも繋がります。

欲求不満にさせないためにも犬と普段からコミュニケーションを取ることが大切です。よく遊んであげたり、なでてあげたり、声をかけることも重要です。犬はもともと集団で生活をする動物です。

家で飼っていても孤独にしてしまっては遊びたいという欲求が貯まってしまいます。たとえ外で飼っていたとしても、家族の一員としていつも声をかけたり、よく遊んであげたりしましょう。

また、日頃からしつけが厳し過ぎということもストレスや欲求不満の原因として考えられます。飼い主はそこまできつく叱っているつもりはなくても、犬にしたら、毎日叱られているように感じられるかもしれません。一度自分のしつけの方法を改めて考えてみましょう。

犬が幼い時からストレスや欲求を貯めてしまいますと、結果として犬の性格が荒んでしまったり、犬の病気にも繋がります。人間も同じですが、育てる環境が大事です。ちゃんと日頃からしつけをしっかりと行い、愛情を持って遊んであげれば無駄吠えは防げます。

ものを噛まないしつけ

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ