ものを噛まないしつけ

ものを噛まないしつけ

犬にはものを噛むという本能がありますが、時には靴をかじったり、ソファーをかじったりすることがあります。噛んで良いものと悪いものの区別を子犬の時からしっかりと教えましょう。特に家の中で犬を飼う場合は、早い段階で覚えさせないと、家の中のものがボロボロになります。

噛んで良いおもちゃを与えましょう。噛むと音が鳴るようなおもちゃもあります。そういったもので気をひいて遊ばせるようにしましょう。おもちゃで遊ぶようなら褒めてあげて、逆に、噛んではいけないものを噛んだらその場で叱ってあげましょう。

どの場合もそうですが、犬の叱り方は過ちを犯したその時に叱らないと犬は理解しません。あとから噛んでいるものを見つけて叱っても犬は理解しません。叱り方も注意が必要です。

しばらくそれでしつけても治らない場合はストレスや欲求不満が原因として考えられます。普段犬と遊んでいない、散歩にあまり連れて行ってあげていない、叱り過ぎなどが考えられます。

人間の赤ちゃんと同じで、子犬の時期は特に遊びたがるものです。普段忙しくて、あまり遊んであげていないとストレスや欲求不満が貯まってしまい、ものを噛んだりすることが考えられます。犬を叱る前に一度自分に心当たりがないか考えてみましょう。

まず犬を飼う場合は噛まれて嫌なものは手の届かないところに置きましょう。これは人間の赤ちゃんを育てる場合も同じです。噛んでいけないものを噛んでしまうのは犬の責任ではなく、第一に飼い主の責任であるということを自覚しましょう。

自分の犬の性格に合わせた叱り方をしましょう

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ