犬の褒め方と叱り方

褒め方と叱り方

犬をしつける時には褒めることと叱ることしっかりとしなければいけません。その際に注意をしなければいけないことは犬の眼をしっかりと見なければいけません。犬と接する時にはこのアイコンタクトは大切です。

犬は言葉をしゃべることは当然できませんが、ボディーランゲージは十分に伝わります。そのため上手にできた時はしっかりとなでたりしながら褒めて、叱ると時はちゃんと厳しい声で注意しましょう。

褒め方の基本は「優しい声で優しくなでてあげる」そして「食べ物のご褒美を与える」のこの2点です。ペッティングという方法もあります。

これは首や肩などを優しくたたくという方法です。褒めるタイミングは「おて」や「おすわり」などの言うことをちゃんと聞いた時に与えます。

叱り方の基本は「厳しい声で注意をする」です。慣れれば、声だけで犬が善悪を分かるようになります。ただし手を挙げることはやめましょう。犬が怖がったり、なつかなくなったりする可能性もあります。

言うことを聞かない時、噛んではいけないものを噛んだ時などに、その場で叱ることが重要です。

犬はその場で叱ってあげないと理解しません。現場を見つけたらすぐに叱りましょう。もちろん人間と同じで、あまり普段から怒りすぎるとストレスが貯まってしまいますので注意をしましょう。

愛情を持って時には褒めて、時には叱ってあげましょう。もちろん犬は褒められることを喜び、叱られることを嫌います。そのため普段から褒めてあげることによって、叱られることも分かり、善悪の区別が付くようになります。

トイレを覚えさせるコツ

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ