犬は非常に敏感

犬はとても敏感

犬は単語としての意味を理解することはできますが、人間のように話すことや、言語を理解することはできません。しかし、犬はその分人間よりも非常に敏感です。

多くの飼い主さんが「うちの犬は言葉が分かる」と言いますが、それは犬の敏感さにあると思います。犬はわずかな声の変化や体の動き、表情などから場を察します。

そのためこの犬の敏感さを活かして犬をしつけることが上手くしつけるコツだと思います。

褒める時はちゃんと目を見て、優しくなでてあげたり、優しい声をかけてあげたりします。犬もなでられたり、優しい声で話されるのは嬉しいです。

褒める際は、食べ物をあげると効果的です。逆に叱る場合は、厳しい声で怒りましょう。決して叩いたりせずに、厳しい声で目をしっかり見て伝えるだけで、自分がした過ちが分かります。

しつけは毎日行わなければいけません。「まて」「おすわり」「おて」などの服従訓練を毎日繰り返し行うことによって、犬も次第に理解して、飼い主をリーダーであると認識します。子犬の頃から行うことが大切で、生後120日までにはしっかりとしつけましょう。

また、犬にも性格があるので、どうしても言うことを聞かない犬もいると思いますが、方法を変えたり、工夫をして臨機応変に対応しましょう。それでも言うことを聞かない場合は精神病の可能性もありますので、詳しい人に相談するのが良いでしょう。

犬はとても敏感な動物であるということを理解して接してあげれば、きっと上手くしつけができます。

犬の褒め方と叱り方

犬をしつけるポイントカテゴリー内記事


このページの先頭へ