犬をしつけるポイント

しつけのポイント

犬をしつける際のポイントやコツを学びましょう。
どれも重要ですので、じっくりと読んでみてください。

しつける場合のコツ

上手くできたら褒めてあげることが大切です。先ほども言った通り目を見て褒めてあげます。頭をなでてあげれば喜びます。愛情を持って大げさに褒めてあげましょう。

犬は非常に敏感

多くの飼い主さんが「うちの犬は言葉が分かる」と言いますが、それは犬の敏感さにあると思います。犬はわずかな声の変化や体の動き、表情などから場を察します。

褒め方と叱り方

犬をしつける時には褒めることと叱ることしっかりとしなければいけません。その際に注意をしなければいけないことは、眼をしっかりと見なければいけません。接する時にはこのアイコンタクトは大切です。

トイレを覚えさせるコツ

人間と生活させる上でトイレを覚えさせることは非常に重要です。もともと犬は綺麗好きです。子犬であっても自分の寝床が汚れることは嫌います。そのため、専用のベッドを与えると、そのベッドの中で排尿、排便をすることはまずないです。

トイレのしつけ

トイレは家の中で飼うか、外で飼うかによって多少異なりますが、トイレのしつけは早い段階から覚えさせなければいけません。毎日しつけていれば、早ければ数日、遅くても数週間でトイレを覚えます。

しつけの基本は服従訓練

しつけの基本は「お手」「お座り」「待て」などのような「服従訓練」です。この服従訓練を徹底させることで、犬は飼い主を自分よりも立場が上だと認識し、リーダーだと認めます。リーダーであることを覚えさせるのにはとても良い訓練です。

散歩のしつけ

犬にとって、散歩に連れて行ってもらえることは非常に嬉しいことです。このタイミングでしつけをするのが効果的です。まず、しなければいけないことは、散歩用のリードをつけなければいけません。この時に「お座り」「待て」などと言って、リードをつけるまで犬をしっかり待たせましょう。

無駄吠えしないコツ

犬は本能的に吠える動物ですが、無駄吠えというのは飼い主のしつけが問題です。普段ちゃんと服従訓練などの基本のしつけが上手くいっていれば、犬も無駄吠えが悪いことだと分かり、無駄吠えをしなくなります。

ものを噛まないしつけ

ものを噛むという本能がありますが、時には靴をかじったり、ソファーをかじったりすることがあります。噛んで良いものと悪いものの区別を子犬の時からしっかりと教えましょう。

自分の犬の性格に合わせた叱り方をしましょう

叱り方の基本は、厳しい声で注意をすることです。普段からしつけられている犬であれば、その声だけで理解をします。普段から犬を褒めてあげることによって叱られていることも分かります。犬は言葉を理解しませんので、声や動作にメリハリをつけて叱りましょう。

しつけは食事の時に

食事のしつけは、犬を飼うようになった日から始めましょう。基本的にしつけは食べ物を与えながら行うとより効果的ですので、食事はしつける絶好のチャンスです。

無駄吠えを改善する前に何で吠えるのか考える

犬はもともと本能的に何かがあると吠える動物ですが、家庭で犬を飼う上で無駄吠えは問題です。近所にも迷惑がかかってしまう場合もあります。

飛びつきを直すコツ

飼っていると分かると思いますが、家族が家に帰ってきたりすると、犬は嬉しくて胸めがけて飛びついて来ることがあります。とても可愛らしい仕草で、懐かれているという点で嬉しく思う人もいると思いますが、成長して大型犬になると危ない場合があります。

まずはトイレを覚えさせましょう

室内で育てる場合、まずトイレのしつけから教えましょう。前もって犬用のトイレや、なければ段ボールなどの箱を工夫してトイレとして活用します。それとペットシーツ(新聞紙でも構いません)を用意します。

散歩中の訓練

犬は必ず毎日散歩に連れて行かなければいけません。最低でも朝と夕方の一日2回は連れて行ってあげましょう。散歩の時こそしつけや訓練のチャンスです。

犬が来たその日からしつけをする

しつけは子犬が家に来たその日からしっかりと始めましょう。排便や排尿にしてもちゃんとしつけをしていればしっかりと理解をします。人間との赤ちゃんと同じです。幼い時からちゃんとしつけましょう。

できるだけ早めに手入れのしつけを始める

犬を手入れ好きにさせるのには子犬の時からしつけを始めるのが何よりです。まず子犬とよく遊んで自由に抱いたり、体の各部に触れたりします。できるだけ接触時間を多くしてこまめにこうして遊んでやります。


このページの先頭へ