しつけで大事な3つのポイント

3つのポイント

犬をしつける上でのポイントは、「犬の性格を理解すること」と「よく褒めること」、そして「ストレスを貯めさせないこと」です。この3つを踏まえるとだいぶしつけが楽になります。

まず、「犬の性格を理解すること」とは、自分が飼っている犬の性格や行動を理解することでだいぶ育てやすくなります。例えば、ムダ吠えが多い犬などは、怒る前に「何で吠えているのか?」という点を考えると、しつけしやすくなります。

人が来て吠えているのか、遊びたくて吠えているのかなど、様々な理由があると思いますが、人が来ることで吠えているのであれば、この犬は人慣れしていない、あるいは臆病だから人に慣れさせる必要がある。

また、遊びたくて吠えているのであれば、普段の生活だと遊び足りないということが分かります。犬の性格を理解することが大切です。

次に「よく褒める」ということも非常に大切です。犬は人間と同じで褒めてあげると非常に喜びます。言葉が分からない分大げさに褒めてあげてあげなければ伝わりません。

普段から褒めてあげることで、叱られるということも理解します。その結果「なぜ叱られたのか?」と考えるようになります。

また、ストレスを貯めさせてはいけません。ストレスや欲求不満が貯まってしまうと、一人で吠えたりものを噛んだり、そういった悪癖に繋がります。普段からよく遊んであげたり、かまってあげることが大切です。言うことを聞いてくれないのは、このストレスや欲求不満に原因があることも少なくないです。

以上の3つのポイントを抑えていれば、しつけは上手くいきます。

犬のしつけの心構えカテゴリー内記事


このページの先頭へ