犬をしつける前に自分の犬の性格を知る

しつける前に性格を

犬を実際にしつける前に、その犬の性格を知ることが大切です。犬の性格によってしつける方法は変わってきます。性格は犬の種類によっても異なります。小型犬や大型犬でも性格が異なります。

例えば、ラブラドールはおとなしい性格で非常に人懐っこい性格を持っています。また、大型犬は基本的におとなしい犬が多いですが、一方小型犬は臆病な犬が多いです。

しつけていくうちに自分の犬の性格が分かると思います。言うことを聞かなく、反抗をする犬のタイプは基本的に2つのタイプがあります。

「臆病で神経質な犬」や、「威張り屋で言うことを聞かない犬」などは、しつけてもうなったり、噛みついたりして言うことを聞かない事が多いです。

こういった犬にはしつけるコツがあります。臆病な犬には優しく時間をかけて褒めてあげることがコツです。そして威張り屋で全く言うことを聞いてくれない犬にたいしては、良くできた時におおげさに褒めてあげましょう。

ただし、叱る時は大げさにアクションをとるのではなく、厳しい声だけで怒りましょう。

良いしつけをするためには、犬が家に来た日、子犬のうちからしっかりとしつけを始めなければいけません。基本的な服従訓練である「おすわり」」「まて」「おいで」などができたら、必ずご褒美をあげるというのがしつけの基本です。

完全に言うことを聞くまでには時間がかかるかもしれませんが、頑張ってやってみましょう。どうしても言うことを聞いてくれない場合は、犬のしつけ教室などもあるため、インターネットで調べると良いかもしれません。

しつけ教室に通うのも効果的

犬のしつけの心構えカテゴリー内記事


このページの先頭へ