リーダーは常に人間

リーダーは人間

犬をしつける上で最も大切なことは、人間が犬のリーダーであるということを示すことです。これはしつけの基本です。

犬はもともと群れをなしてグループで行動をする動物です。グループがなければ上手く生きていけない動物だとも言えます。そのため、もともと協調性があり、そのグループのリーダーに従う習性があります。

家族で犬を飼う場合も同様のことが言えます。家族で犬を飼う場合や、たとえ一人で犬を飼う場合であっても、犬から見たら1つのグループです。

犬が子犬の時からしつけを始めて、必ず人間が優位な立場に立ち、常に人間がリーダーでなければいけません。

犬が幼い時からしつけをして、力を見せれば、犬は必ず従います。逆に同等の立場として接したり、甘やかしてしまうと、犬は優位性を示そうとして、やがて言うことを聞かなくなるだけでなく、異常行動を起こす場合もあります。

異常行動とは、むだ吠えやわがままなど様々な行動が考えられますが、しつけをすれば防げます。

犬はグループを作らなければ生きていけない動物です。可愛いからといって、甘やかしてばかりではなく、犬のためにもちゃんと子犬の頃からしつけをしなければいけないということを理解しましょう。

具体的にしつける方法はたくさんありますが、特に難しいことではありません。しつける前にまず自分が犬よりも優位な立場に立ち、リーダーであるということを理解して下さい。その点を理解すれば、今後のしつけは自然に上手くいくでしょう。

しつけるのは犬のため

犬のしつけの心構えカテゴリー内記事


このページの先頭へ