犬のしつけの心構え

心構え

犬のしつけを行うにあたってまずは心構えと考え方をしっかりとしておきましょう。しつけには飼い主の協力が不可欠です。一緒に飼い主も勉強する必要があります。

リーダーは常に人間

しつける上で最も大切なことは、人間がリーダーであるということを示すことです。これはしつけの基本です。しつける前にまず自分が優位な立場に立ち、リーダーであるということを理解して下さい。

しつけるのは犬のため

しつける上で考えなければいけないことは、「なぜしつけるか?」ということです。多くの方が「人間社会に適応するため」などと思うかもしれませんが、しつけることは実は犬のためでもあります。

しつける前に自分の犬の性格を知る

実際にしつける前に、その犬の性格を知ることが大切です。性格によってしつける方法は変わってきます。性格は種類によっても異なります。小型犬や大型犬でも性格が異なります。

しつけ教室に通うのも効果的

できれば自分でしつけをしたいですが、中にはどうしても言うことを聞いてくれない場合もあります。そういった場合は、しつけ教室に通うのも効果的です。

しつけることで犬も幸せに

しつけることに抵抗がある人がいるかもしれませんが、犬は責任感が非常に高く、自分がリーダーだと思ってしまうと、「自分がこの集団を守らなければいけないというストレス」から寿命が短くなるとも言われています。

しつけで大事な3つのポイント

しつける上でのポイントは、「性格を理解すること」と「よく褒めること」、そして「ストレスを貯めさせないこと」です。この3つを踏まえるとだいぶしつけが楽になります。


このページの先頭へ