犬を飼う場合の手続き

犬を飼う場合の手続き

犬を飼う場合には育てるだけでなく、様々な手続きが必要です。これは法律でも定められていて、飼い主の義務です。こういったことができないようでしたら犬を飼う資格はありません。

飼い主の義務として絶対に手続きを済ませましょう。

生後3ヶ月以上たった犬を飼う場合、30日以内に役所と保健所に届け出が必要です。役所には犬の税金を納めなければいけません。届け出をすると畜犬登録という鑑札がもらえます。

犬を飼う場合には絶対に手続きをしなければいけません。

生後3カ月以上になると、日本は全ての犬に対して狂犬病の予防注射が法律で定められています。動物病院で狂犬病の予防注射を受けなければいけません。

動物病院では予防注射は一年中行っています。予防注射を受けたら。保健所に行って注射を受けたという証明書を提出する必要があります。役場にも証明書を出す必要があります。

役場に証明書を出したら注射済証が交付されます。

狂犬病は一時期世界でも流行って、とても恐ろしい病気です。犬にとっても人間にとっても恐ろしい病気のため、狂犬病になってしまった犬は廃棄処分を受ける可能性もあります。

こういったことにもならないため、飼い主は責任をもって予防注射や畜犬登録をする必要があります。

また、畜犬登録をした犬が死んでしまったり、もしくは人に譲ってしまったら、廃犬届をしなければいけません。これは犬をもう飼っていないという旨を役場や保健所へ連絡をしなければいけません。

犬にはやはりドッグフード

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ