犬の食事の注意点

食事の注意点

犬に食事を与える場合の注意点は様々あります。犬を飼う人は必ず覚えておきましょう。食事は犬の健康、ひいては犬の寿命にもつながるため何より大切です。

まず、ドッグフードは一流メーカーの完全食型のドライフードを与えましょう。様々なメーカーからドッグフードが出ていますが、やはりちゃんと栄養も計算されて、研究を基に作られている一流メーカーのドッグフードが一番無難です。

犬の成長にとって大切な栄養素であるリンとカルシウムのバランスがしっかり取れています。わざわざ野菜を与えなくても、ドッグフードの中にビタミン類が含まれています。

人間の食事のように様々な食べ物を摂取しなくても、ドッグフード1種類で全ての栄養素が摂れるとてもバランスの良い優れた完全食だと言えます。ドッグフード以外は与えないという飼い主側の心掛けも必要です。

また、与えたドッグフードを一気に完食したからと言って、追加でドッグフードを入れることはやめましょう。犬はどんどん食べるため、食べ過ぎてしまい、肥満にもつながります。

しかし、子犬の場合、食事を全て食べたのに食器から離れない場合は、食事が足りていないということですので、食事の量を増やしましょう。子犬は人間で言うと成長期に当たるためたくさん食べます。

逆に、与えたドッグフードを残した場合には食事の量が多すぎるか体調が悪いかのどちらかですので注意をする必要があります。量を減らしても毎回残すようだったら体調が悪いことが考えられるため、病院で診察をしてもらいましょう。

犬の健康管理

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ