外で犬を飼う場合の心得

外で飼う心得

欧米では犬を外で飼う家はあまりありません。家族同様に家の中で過ごします。そのため家の中で快適に飼えるため犬を飼う環境などはあまり気にしなくてもすみます。家の中で飼われるため、気軽に遊んであげたり、かまったり、犬の状態が悪ければすぐに看てあげることもできます。

しかし日本は欧米とは異なり、犬を外で飼う家が多いです。外で犬を飼う場合には環境に注意をしなければいけません。暑さや寒さ、雨、風など様々な自然状況から犬を守らなければいけません。

その他にもあまり人通りが多い道路側で飼うと、犬は安心して休むことができなくなってしまうことがあります。このような要因から外で飼う犬は室内犬と比べて、ストレスが貯まりやすく、病気になったり、寿命も室内犬と比べて短いです。

そのため、犬を外で飼う場合は室内犬以上に気を使って犬を飼わなければいけません。犬小屋に繋いでおくだけでなく、ちゃんと毎日何回か散歩に連れて行くなどなるべくストレスを貯めさせない工夫が必要です。

犬はもともと群れで生活をする動物です。そのため家の中で家族と一緒に過ごせれば良いですが、家の外でずっと独りで繋いでおくというのは、本来犬にとっては恵まれない環境であると言えます。

家の外で犬を飼う前にちゃんと犬を飼う環境が準備できるか、またストレスを貯めさせないために毎日遊んであげることができるのかという点などを再度確認しましょう。

逆に言うと、そういったことができないのであれば犬を飼う資格はありません。

外で犬を飼う場合の様々な注意点

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ