夏場に注意する点

夏場に注意する点

犬は寒さに強い動物ですが、夏には弱いです。そのため夏には注意が必要です。人間が暑いと思えば、犬も暑いです。

例えば、犬を散歩に連れて行く場合、日差しが強い中散歩に連れて行くことは避けましょう。熱中症や日射病を引き起こします。小さい体には負担が大きく命の危険にも繋がります。

もちろん毎日散歩には連れて行かなければいけませんが、朝だったら日差しが強くなる前、昼間は避けて夕方日差しが弱まってから連れて行きましょう。

特にアスファルトの上は特に温度が高く、マンホールの上などは火傷をしてしまうこともあります。マンホールが原因による動物の火傷は非常に多いです。夏場の散歩は十分に気を付けましょう。

外で犬を飼っている家庭は十分に気を付けなければいけません。必ず犬小屋の他に屋を設けて日陰を作りましょう。犬小屋は太陽の日差しを防げますが、非常に風邪通しが悪いです。

熱中症になりやすいです。また、水には気を付けましょう。夏場食器などに水を入れておくとすぐに熱湯になります。日陰に置いてできるだけ熱くならないようにしなければいけません。

そして絶対に食器が傾いて水がこぼれないようにしましょう。水がこぼれてしまったら、夏場ですからすぐに蒸発します。その結果、水が飲めなくなってしまいます。夏場に水分補給ができないのは非常に危険です。

このように夏場は注意しなければいけません。熱中症や日射病の症状が見られたらすぐに病院に連れて行ってあげましょう。

犬を飼う場合の手続き

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ