健康診断

犬の健康診断

犬を飼う場合、健康管理には気を付けましょう。犬も人間と同じように時には病気にかかります。しかし犬は人間と異なり、言葉を喋ることができないため、犬の異常は飼い主が発見する必要があります。

飼い方を間違えたり、異常を発見するのが遅くなってしまうと、致命的な病気にも繋がります。普段から自分の犬の健康を気にかけておくことが大切です。健康管理は飼い主の責任です。

犬の様子が普段と違うようであれば、まずは病気を疑いましょう。しかし全ての病気が見た目で分かるとは限りません。なかなか表には出てこない場合がほとんどだと思います。

そのため定期的に動物病院へ健康診断に連れて行くことが大切です。

子犬の成長はとても早く、1年で人間の15歳、2年で25歳、それ以降は1年で4歳分の年をとります。そのため子犬の頃は特に定期健診が必要です。子犬であれば月に一度は定期健診を受けさせましょう。

それ以降は年に2回、そして7歳過ぎてからは年齢のため1年に4回ほどの健康診断が必要です。定期的に健康診断を受けさせることによって病気の早期発見にも繋がります。

かかりつけの動物病院を作りましょう。親切なお医者さんであることが条件ですが、もしもの場合、急な診察も受け入れてくれるところが良いです。

普段からお医者さんと十分にコミュニケーションを取ることで、もしもの場合でも上手く伝えることができ、犬を飼う上で必要な様々な情報などを上手く得られるでしょう。

食は健康のバロメーター

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ