犬の健康管理

犬の健康管理

犬の健康には気を付けなければいけません。犬の健康管理も飼い主の責任です。犬は与えられた食事を食べ、与えられた環境で生活をすることしかできないため、自分自身で健康管理はできません。飼い主がしっかりと見てあげましょう。

まず、何といっても食事が大切です。食事と健康はやはり大きくつながっています。食事に関しては、人間が食べている食べ物を与えずに、ドッグフードだけを与えていれば問題ないです。

ドッグフードには全ての栄養素が含まれています。犬にとっては健康食品であり、主食でもあります。子犬のうちからドッグフードを食べさせる癖を付けないと、のちのち苦労します。人間の食べ物を欲しがるようになっては大変です。

また、次に健康に大切なことはストレスです。ストレスを貯めさせないようにしましょう。人間にとっても犬にとってもストレスの貯めすぎは良くありません。

ストレスを貯めさせないためには、良く遊んであげることが大切です。毎日散歩にも連れて行って、ストレスを貯めさせない工夫も必要です。特に外で犬を飼っている家庭は注意が必要です。外で飼うと犬はストレスが貯まりやすいためなるべく時間をとって遊んであげましょう。

そしてやはり普段から定期的に病院へ診察に連れて行くことが大切です。予防注射なども必要です。具合が悪くなったらすぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

かかりつけの動物病院があると良いでしょう。犬は言葉を話すことができないため、少しでも異常があったら調べましょう。

散歩に連れて行く場合の注意点

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ