犬の手入れ

犬の手入れ

犬に難しい特別な手入れなどは基本的には必要がありません。しかし、あまりに長い毛などは毛が絡まるだけでなく、汚れも付きやすいです。しかもいったんもつれてしまうと、どんどん大きくなってしまい、あまりにひどいと全身麻酔で丸坊主にしなければいけなくなります。

そのため、毎日洗ってあげるような特別な手入れは必要ありませんが、簡単な手入れなどは定期的にしましょう。

ブラッシングは定期的に行いましょう。ブラッシングすることで、皮膚の病気や腫瘍を早めに発見できることもあり、またダニやノミなどが刺さっている場合もありますので、そういったことを予防もできます。

普段からブラッシングをかけることで、室内犬の場合、家の中で毛が抜けることも防ぎます。犬もブラッシングは気持ち良いため、犬と触れ合う良い機会にもなります。

ブラッシングは散歩から帰って来た後など、毛が飛ぶため外で行うと良いです。犬の種類に合ったブラシを使います。まずは、毛並みに逆らってブラッシングをすることでゴミを浮かします。

その後毛並みにそってブラッシングをしてゴミや抜け毛を払います。力を入れないで軽くかけるのがポイントです。

また、時には犬の毛を切ってあげることも必要ですが、間違って犬の皮膚まで切ってしまうこともあり得ます。そのため無理をせず、できればトリマーに頼みましょう。トリマーとは簡単に言えば犬の美容師です。その犬の種類や体系に合ったカットをしてくれます。

耳や歯、爪の手入れ

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ