犬にはやはりドッグフード

犬にはドッグフード

犬を飼う場合、食事は大切です。何をあげたら良いか迷ってしまう人も多いと思いますが、間違いなくドッグフードをあげれば問題がないです。

ドッグフードは昔から犬の生理学や栄養学などの研究結果をもとに作られています。犬にとってはまさに理想の完全栄養食であると言えます。ドッグフードにはビタミン類が含まれているため、野菜をわざわざ食べる必要がありません。

犬を家の中で飼っていると、人間の食べ物をあげてしまうことがありますが、これは良くありません。犬が摂らなければいけない栄養バランスを崩してしまいます。

人間の食べ物はタンパク質が多く含まれており、犬はおいしく食べるかもしれませんが、タンパク質を多く摂ることによって、子犬にとって特に大切なカルシウムとリンのバランスが崩れてしまいます。

その結果、病気を引き起こし、下痢などの症状がみられます。犬のしつけのためにも人間の食べ物と犬の食べ物を区別しましょう。

ドッグフードを選ぶ基準は、自分の犬に合ったものが理想です。小型犬用、中犬用、大型犬用、その他にも犬の年齢や、種類によってもドッグフードは別れています。それぞれ自分の犬に合ったものを選びましょう。

また、あまり無名なドッグフードのメーカーはやめて、大手のメーカーなどが良いでしょう。なぜならやはり大手のドッグフードは研究を重ねていて、それだけ実績があるということですので安心できます。

一番は実際に自分の犬に食べさせてみて、様子を見るのが良いです。
犬にも好みがあります。

犬の飼い方カテゴリー内記事


このページの先頭へ