犬の飼い方

犬の飼い方

正しくしつけるためには、しっかりと犬の飼い方を学ぶことも大事です。ここでは犬の飼い方を解説します。

外で飼う場合の心得

日本は欧米とは異なり、外で飼う家が多いです。外で飼う場合には環境に注意をしなければいけません。暑さや寒さ、雨、風など様々な自然状況から守らなければいけません。

外で犬を飼う場合の様々な注意点

どうしても外でしか犬を飼わざるを得ない状況の人もいると思います。外で飼う場合に注意しなければいけない点はいくつかあります。

適した道具や食器とは?

犬を飼う場合に買いそろえなければいけない道具には、首輪や食器などいくつかあります。選ぶポイントなどに注意をしてそろえましょう。

子犬が家に来た場合

子犬を飼う場合まず大切なことは子犬を自分の家の環境になじませることです。犬にとっては家に付くまでの過程や家の環境などすべてが初めてです。そのため私達が思う以上に疲れていて、不安も感じています。

犬の食事

やはり食事にはドッグフードが一番無難です。現在のドッグフードは栄養学を基にしっかりと研究がなされているため栄養素も完璧です。

タンパク質には注意が必要

犬にはドッグフードを与えることが一番良いです。注意しなければいけない点はドッグフードを与えているのに人間の食べ物をいろいろ与えてしまうことです。

食事の注意点

食事を与える場合の注意点は様々あります。犬を飼う人は必ず覚えておきましょう。食事は健康、ひいては寿命にもつながるため何より大切です。

犬の健康管理

健康には気を付けなければいけません。健康管理も飼い主の責任です。犬は与えられた食事を食べ、与えられた環境で生活をすることしかできないため、自分自身で健康管理はできません。

散歩に連れて行く場合の注意点

犬は毎日散歩に連れて行ってあげなければいけません。少なくても一日2回は連れて行ってあげましょう。散歩に連れて行ってあげることで、運動にもつながり、ストレスを貯めさせません。

散歩の仕方

犬を散歩に連れて行くことで健康状態のチェックもできます。通常、健康な犬であれば散歩は非常に喜びます。散歩に行くことを嫌がったり、散歩の途中でたたずんだりするようであれば何かしら健康に問題がある可能性があるため注意が必要です。

犬の手入れ

難しい特別な手入れなどは基本的には必要がありません。しかし、あまりに長い毛などは毛が絡まるだけでなく、汚れも付きやすいです。手入れもしっかりとしてあげましょう。

耳や歯、爪の手入れ

手入れは大切です。健康を保つためにも定期的にしなければいけません。無理して飼い主がする必要はありませんが、動物病院やトリマーなどにしてもらうのも良いでしょう。

健康診断

犬を飼う場合、健康管理には気を付けましょう。犬も人間と同じように時には病気にかかります。しかし犬は人間と異なり、言葉を喋ることができないため、異常は飼い主が発見する必要があります。

食は健康のバロメーター

病気の早期発見のポイントとして、まず食欲に気を付けましょう。食欲の減退は体の異常を意味することがほとんどです。普段から規則正しく食事をしているのに食欲がないようでしたら問題があります。

犬の健康異常

食欲は健康状態を知る1つのバロメーターになりますが、食以外でも様子がおかしい場合があります。例えば下痢をする場合、犬は体の水分のわずか10%が失われただけで生命の危機に瀕するため、注意が必要です。

夏場に注意する点

例えば散歩に連れて行く場合、日差しが強い中散歩に連れて行くことは避けましょう。熱中症や日射病を引き起こします。小さい体には負担が大きく命の危険にも繋がります。

犬を飼う場合の手続き

犬を飼う場合には育てるだけでなく、様々な手続きが必要です。これは法律でも定められていて、飼い主の義務です。こういったことができないようでしたら犬を飼う資格はありません。

犬にはやはりドッグフード

犬を飼う場合、食事は大切です。何をあげたら良いか迷ってしまう人も多いと思いますが、間違いなくドッグフードをあげれば問題がないです。


このページの先頭へ