パルボウイルス感染症

パルボウイルス感染症

パルボウイルス感染症は、ウイルスの中でも最も小さいパルボウイルスによって起こる病気です。犬だけでなく猫を始め、他の哺乳類にも兆円を発生させるいろいろなパルボウイルスがあります。

この病気は大変感染力が強く、普通激しい嘔吐に始まり、トマトジュースのような下痢が何回も続きます。そのため脱水と敗血症が起こって衰弱し、初期の手当てを誤れば死に至ることも多く、大変怖い病気です。

予防ワクチンが日本でも完成しており、この病気が予防できるようになりました。ワクチンが全国的に使用されるようになってからは、ほとんど大きな発生は見られなくなりました。

しかしワクチンを接種していないものには日本中のあちこちで発生しているため油断はできません。定期的な予防接種が必要です。

不幸にして感染、発病した場合は、嘔吐や下痢が頻繁に起きますから、できるだけ早く病院に連れて行くことです。様子を見てからでは手遅れです。

この病気の場合は最初の72時間が最も重要で、この時間に強力に治療しなければなりません。輸液療法の持続と適切な抗生物質を一定の間隔で投与することと、手厚い看護が必要です。

このウイルスは、一般の消毒薬では全く効果がありません。漂白剤として使用されているハイターなどが有効で、30倍に薄めて使用します。

このパルボウイルス感染症は大変恐ろしい病気のため、何よりしっかりと予防ワクチンを接種することが大切です。飼っている犬に異変があったらすぐに病院に連れて行きましょう。

ケンネルカフと寄生虫病

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ