目の病気

目の病気

目の病気には色々な種類があります。よくある代表的なものを理解しておきましょう。病気を理解することで対処法を考えることが出来ます。

瞬膜の病気

瞬膜というのは第三眼瞼と言われるものです。目頭の方から出入りする薄い膜状ものもで、その瞬膜の裏側にはリンパの組織があります。この瞬膜の裏に粒粒ができると犬は粘液状の目ヤニを出し、涙も多くなります。

この病気は意外に多いのですが、普通、飼い主は気付きにくいので、注意してみましょう。治療は普通薬の点眼で良くなりますが、病気が進んでいると悪いところを切り取ることが必要になることもあります。

流涙症

涙があふれ出して、目の周りの毛が茶色く着色している状態になるのが涙やけです。涙が多くなる目の病気ではすべて涙や毛になります。毛の白い犬や、毛の色の薄い犬は特に目の周りの汚れが目立ちます。

涙や毛の一般的な原因としては、目と鼻を繋ぐ細い管が狭くなっていたり、詰まっていたりすることが多く、特にマルチーズ、スピッツ、チン、ペキニーズなど、目が丸く大きく飛び出しているような種類に多く起こります。

できるだけ早く診察を受け、涙があふれ出る原因を突き止めて治療してもらいましょう。

急性角膜炎

犬はケンカなどで角膜に傷を付けることがあります。また、目の周りの皮膚病やかゆみを伴う目の病気を気にして、自分で目をこすり、角膜を傷つけてしまうこともあります。

こうした場合犬は涙を流し、目を開くことができません。やがて、目の表面が白く濁ってきます。傷はごく浅いものから、他の目の病気を引き起こす原因になるほど深いものまであります。

特に外傷性角膜炎は、眼球内部の病気に進行することが多いので、直ちに病院の診断と治療を受けましょう。

目と耳の病気

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ