目の病気のチェックポイント

目のチェックポイント

目の異常は、目の病気の他に内科的な病気やその他いろいろな病気の症状を示してくれます。そこで目の異常を素早く察知することは他の病気の早期発見にも繋がるため大切です。チェックポイントをまとめました。

  • 目の結膜部分が赤くなっていたり、黒目の部分(角膜)が白くなっている。
  • 左右の瞳の大きさが異なっていたらどちらかの目が異常。
  • 左右の瞳の色や虹彩の色が普段と異なっていたら、どちらかの目が異常。
  • たくさん目ヤニが出ている
  • 涙があふれたり、目頭の毛が茶色くなっている。
  • 目を開くことができず、しょぼしょぼしていて、前足で目をこするようにする。
  • 瞳が昼間白く見えたり、赤や青く見える。
  • 必要以上にまぶしがる。
  • まぶたに触れただけで痛がる。
  • 物にぶつかるようなら視力の異常です。

これらの10個のチェックポイントを確認しましょう。目の病気と言っても目は様々な器官が集まってできているため、結膜の病気から角膜の病気、網膜、虹彩、毛容態、視神経の病気など様々です。

一刻も早く治療しなければ盲目になってしまう恐ろしい視神経炎や緑内障などの病気まであります。そのため飼い主はその一つ一つの病気がどのような病気であるか完璧に把握しなければいけないことはありませんが、チェックポイントを用いて、目の異常をすぐに確認しましょう。

異常があればすぐに動物病院へ連れて行って看てもらいましょう。また普段から定期的に健康診断に連れて行くことも大切です。

目の病気

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ