薬の飲ませ方

薬の飲ませ方

家庭で薬を飲ませる時は、獣医師の指示を守ることが大切です。特に抗生物質の投与感覚については、その指示を守らないと薬の効果がなくなってしまいます。薬の飲ませ方は薬の種類によってそれぞれ異なります。正しい薬の飲ませ方をマスターしましょう。

散薬

カプセルなどに入れてバターを塗り、喉の奥深くに入れて飲ませます。薬にバターなどを塗ったり、オブラートで包んだり、カプセルに入れたりするような工夫をすると良いでしょう。

錠剤

口を開かせ、すばやく喉の奥深くに入れて、すぐに口を閉じさせます。スポイトで水を飲ませるか、しばらく鼻をつまんで手を離すとペロリと鼻をなめ、その拍子に薬を飲みこんでしまいます。上を向かせて指で口をあけてやり喉の奥に薬を落としてスポイトで水を飲ませましょう。

水剤

犬の唇をつまみ、プラスチック製のスポイトで、頬と歯の間にいれて、薬を流し込みます。頬をつまみ、頬と歯の間にスポイトで流し込むようにすると良いでしょう。

食べ物に混ぜて与える

食欲のある犬には、散薬や水剤、錠剤なども食べ物に混ぜて与えることができる場合もあります。ただしこの場合、始めに残さない程度の量に薬を混ぜて与え、それを全部食べてしまったあとに、残りの食事を与えるのがコツです。

しかし、薬を混ぜると食事を食べない事があります。その場合は直接薬を与えましょう。犬の好きな食べ物に薬を包みこんで与えるのも1つの方法です。食べ物は少なめにしましょう。

退院後の過ごし方

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ