犬の感染症

犬の感染症

犬にもウイルスによっておこる肝炎があります。伝染肝炎とよばれるこの病気は最悪死を招く、恐ろしい代表的な伝染病の1つです。しかし、人間には移りませんし、また予防注射でほぼ完全に予防することができます。

症状は元気がなくなり、食欲もおちて、嘔吐したり、黄疸ができたり、ひどいものでは原因不明のまま急死することもあります。また、病気の回復期に目が白くにごるという特徴的な症状を示すものもあります。

病気の重さは犬によってまちまちですが、子犬では一晩で死に至るケースも少なくはありません。また、数週間も症状を示すもの、病気にかかっても全く外に症状が表れない場合もあります。

こうしたケースでは、尿からウイルスが排泄され、他の犬にも感染してしまうので、その意味でも予防注射は必要です。この病気の予防にはワクチンが使われていますので、定期的に接種しておくことが大切です。

伝染病として気を付けなければいけない病気として他には、レプトスピラ症という伝染病もあります。このレプトスピラ症とは、スピロヘータという小さなら螺旋状をした病原菌の感染によって起こります。普通はねずみの尿から移ります。

症状は食欲がなくなり、元気もない、黄疸が出たり、体のあちこちに点状や斑状の出血を起こすなどがあります。最終的には腎炎により尿毒症を起こして死ぬという怖い病気です。仮に命を取り留めたとしても尿の中にスピロヘータを排泄しますので、他の犬の感染源となります。

またこの病気は狂犬病などと同じように人にも感染する可能性がありますので、注意が必要です。感染経路はネズミの尿や、この病気にかかっている犬の尿ですが、身近にいる犬のためだけでなく、人間のためにも、また他の犬を病気から守るためにも、定期的に予防接種を受けることが大切です。

パルボウイルス感染症

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ