皮膚の病気

皮膚の病気

皮膚の病気を起こす原因はたくさんあります。また、いったん病気になり、それがこじれるとそれぞれ複雑に関係しあって、すぐには良くならない事も多いのです。しかもどの皮膚病もその症状は良く似ているため余計に厄介です。

毛が抜けたり、フケが多く出たり、激しいかゆみ、ひっかき傷、血膿が出たり、皮膚の色が変わったりします。そのため少しでも皮膚の状態がおかしいと気付いたら、早めに病院に行って看てもらいましょう。

原因としては、アカラス、カイセンダニ、ノミの寄生によるものや、カビの一種である真菌によるもの、内分泌の異常によるもの、細菌などによるもの、免疫機能の異常などが考えられます。基本的に皮膚の病気は普段の不衛生などが原因で起こる場合が多いです。

そのため対処法としては、皮膚をいつも綺麗に清潔にしておくことが大切です。特に毛の長い犬ならば、散歩に行った際など、定期的に毛の手入れをしましょう。手入れは基本のブラッシングがけや、コーミング、お湯で体を拭いてあげるなどの湯ぶき、また、定期的にシャンプー洗いをすることなどを行いましょう。

また、ノミ取り首輪やノミ取り粉などを定期的に使い、ノミを寄せ付けないようにすることも大切です。また、正しい栄養食も常に与えましょう。これは良質なドッグフードを与え続けていれば基本的に問題ないです。

こうした皮膚の病気は飼い主の普段の行いで十分に予防ができる病気です。きちんと毎日やるべきことをやり、予防を心がけましょう。

目の病気のチェックポイント

犬の病気カテゴリー内記事


このページの先頭へ