犬の病気

犬の病気

犬も人間と同じように病気になります。犬の変化に早く気づいてあげることが病気の悪化を防ぎます。自分の愛犬を日々しっかりとチェックしておきましょう。

気を付けなければいけない子犬の病気

子犬は足の骨や背骨が曲がったり、関節がはれたり、運動を嫌がったり、重症になると歩行困難になるあるいはちょっとしたことで骨が折れるということがよくあります。

犬の感染症

犬にもウイルスによっておこる肝炎があります。伝染肝炎とよばれるこの病気は最悪死を招く、恐ろしい代表的な伝染病の1つです。しかし、人間には移りませんし、また予防注射でほぼ完全に予防することができます。

パルボウイルス感染症

パルボウイルス感染症は、ウイルスの中でも最も小さいパルボウイルスによって起こる病気です。犬だけでなく猫を始め、他の哺乳類にも兆円を発生させるいろいろなパルボウイルスがあります。

ケンネルカフと寄生虫病

ケンネルカフはウイルスと細菌が原因で起こる伝染性呼吸器病です。ちょうど人間のインフルエンザのようなもので、犬が集団生活する場所に多く発生します。症状は突然しつこい咳がでてきます。

下痢の原因と対処法

下痢の原因も様々ですが、寄生虫や原虫、吸収不良、腸性毒血症、膵機能不全による消化不良、胃や十二脂腸潰瘍、腫瘍、ジステンパー、キャビロバクター症、サルモネラ症、食物アレルギー、中毒、尿毒症などの病気があります。

皮膚の病気

皮膚の病気を起こす原因はたくさんあります。また、いったん病気になり、それがこじれるとそれぞれ複雑に関係しあって、すぐには良くならない事も多いのです。しかもどの皮膚病もその症状は良く似ているため余計に厄介です。

目の病気のチェックポイント

目の異常は、目の病気の他に内科的な病気やその他いろいろな病気の症状を示してくれます。そこで目の異常を素早く察知することは他の病気の早期発見にも繋がるため大切です。チェックポイントをまとめました。

目の病気

目の病気には色々な種類があります。よくある代表的なものを理解しておきましょう。病気を理解することで対処法を考えることが出来ます。

目と耳の病気

目の病気と耳の病気にどんなものがあるのかを理解しておきましょう。自分の犬の状態を把握して適切な対応を心がけましょう。

犬の心臓病

心臓病は大きく3つに別れます。1つは先天性の奇形によるもので、外科手術が必要なもの、2つめは予防薬でなければ防げないフィラリア症、3つめは年をとるに従って、病気が進んでいく心臓弁膜症があります。

歯の病気

犬にはほとんど虫歯はありません。ただし、歯石が貯まっていていることにより、様々な歯の病気にかかってしまい、まだ成犬にも関わらず、歯の大半が失われてしまう場合もあります。

薬の飲ませ方

家庭で薬を飲ませる時は、獣医師の指示を守ることが大切です。特に抗生物質の投与感覚については、その指示を守らないと薬の効果がなくなってしまいます。薬の飲ませ方は薬の種類によってそれぞれ異なります。正しい薬の飲ませ方をマスターしましょう。

退院後の過ごし方

旅行や家庭の都合で犬を病院に預けたり、病気で入院した場合、退院後の過ごし方について注意をしなければいけない点があります。久しぶりに自宅に戻って来た犬には食べ物から、接し方まで様々なことに注意をしましょう。


このページの先頭へ