犬の出産の前に

出産の前に

人間でも犬でもそうですが、生まれてきたものが祝福されなければ、生まれてきた意味はありません。そのため子犬を産ませる人は、子供を産ませるというはっきりとした意志があり、子供を今後も育てて行くという覚悟がなければいけません。

また、子犬を喜んで飼いたいという人があって、初めてその子犬が生を受けたことを祝福されることになります。子供を産ませる時はぜひ、この心構えで臨みましょう。

出産はもともと健康な犬の生理的な現象であって、病気などではありません。母犬が健康であれば、何も心配はいりません。犬に任せておけば、ちゃんと産んでくれます。そのためには母犬が、生理的、肉体的、精神的に異常がなく、健康でなければいけません。母犬が完全な栄養を摂っているということはとても大切です。

また、予防できる病気は全てワクチンを打ってあること、寄生虫が付いていないことも健康の条件です。さらに性質も良く、過度に甘やかされていないことも大切です。飼い主に強い依存心を示すような母犬では、精神面に安定が欠け、心身ともに健康とは言えません。

そのため母犬となる資格があるとすれば、これらの条件を満たしているメス犬ということになります。人間同様、妊娠中は細心の注意が必要です。ストレスも与えないようにしましょう。

また、子犬が産まれた場合も想定して、子犬を育てられる覚悟はもちろん、環境も大切です。母犬と子犬をこれからも育てて行けるのか?と言うことを真剣に検討してみましょう。

子犬を産ませる時期

犬の出産カテゴリー内記事


このページの先頭へ