犬の出産

犬の出産

犬の出産についての解説です。妊娠中や出産後の対応は注意しましょう。特に子犬の場合は難産になりやすいので注意が必要です。

出産の前に

人間でも犬でもそうですが、生まれてきたものが祝福されなければ、生まれてきた意味はありません。そのため子犬を産ませる人は、子供を産ませるというはっきりとした意志があり、子供を今後も育てて行くという覚悟がなければいけません。

子犬を産ませる時期

子犬を産ませるタイミングは、初めての出血(発情)の時は交配を見送りましょう。まだ体が十分に育っていないためです。メス犬の場合、生まれた時が基準になりますが、平均的にはおよそ8ヶ月から1年、早いもので6ヶ月、遅いものでは1年半で発情します。

発情と妊娠の見分け方

発情や妊娠については飼い主も勉強が必要です。母犬にとってはデリケートな時期ですので、飼い主も協力してあげましょう。

自宅で出産を迎える場合

出産させる場合、入院させて病院で分娩させるのか、それとも自宅分娩させるのか、妊娠を確認したらはっきりさせましょう。状況が許すなら、自宅分娩が良いです。その理由は、自宅の環境に慣れていることがあります。

妊娠中の母犬の扱いに注意

出産に至るまでの妊娠中の母犬の扱いには十分に注意することが必要です。人間と同じで、妊娠中に無理をさせないように体調管理することが重要です。

難産の場合

特に小型犬は難産が多いため、57日目になったら病院でレントゲンでの診察と、血液検査などをしてもらいましょう。必要があれば、前もって入院分娩の手続きをとっておきます。

出産中と産後の対応

特に初めての出産ではそうですが、出産という大きな場面に出くわした母犬は不安になります。そうした不安を少しでもやわらげてあげるためにも、母犬のそばにつきそっていて、「がんばれ」と励ましてあげましょう。


このページの先頭へ